クラウド型の人材管理ソフトウエアを手掛ける米コーナーストーンオンデマンドは、プレシディアム・インベストメント・マネジメントなど一部株主が同社に対し正式な手続きを行うよう圧力をかける中、複数の買い手候補から打診を受けていると事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語ったところによると、コーナーストーンオンデマンド(カリフォルニア州サンタモニカ)は身売りを目指して銀行を起用するには至っていないものの、複数の買い手候補と話し合いを持っている。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、マンディープ・シン氏は、セールスフォース・ドットコムによるデマンドウェアの買収やマイクロソフトによるリンクトインの買収など今年に入り同業他社の一部が身売りする中、コーナーストーンオンデマンドは魅力的な標的になっていると分析した。

  コーナーストーンオンデマンド株は9日のニューヨーク市場で39.10ドルで終了、時価総額は約22億ドル(約2500億円)。同社とプレシディアムの担当者はコメントを控えた。

原題:Cornerstone OnDemand Said to Mull Sale Under Activist Pressure(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE