トランプ氏、ゴールドマンのコーン氏にNEC委員長就任要請-関係者

  • 就任すれば、ゴールドマンの米政府での影響力が増すとみられる
  • NEC委員長はホワイトハウスの経済政策で重要な役割を担う

ゴールドマン・サックス・グループのゲーリー・コーン社長は、トランプ次期米大統領から米国家経済会議(NEC)委員長への就任を要請されていると、事情に詳しい2人の関係者が明らかにした。同氏はゴールドマンのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)の有力な後任候補と目された人物。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。