新興市場(9日):株、通貨下落-米利上げ懸念に加えECBも重し

  • 株式、通貨共に週間ベースでは上昇
  • トルコ・リラと南ア通貨が安い-チリ・ペソ、ロシア・ルーブル高い

9日の新興市場では株価と通貨が今週初めて下落した。欧州中央銀行(ECB)が月ごとの債券購入額を減らすと発表したことに加え、米国の利上げが近いとの観測から、投資家心理が悪化した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。