9日の米国株式市場ではS&P500種株価指数が6日続伸し、過去最高値を更新した。ダウ工業株30種平均とラッセル2000指数も連日で最高値となった。生活必需品銘柄やヘルスケア株、ハイテク株が上昇した。

ニューヨーク証取のトレーダー
ニューヨーク証取のトレーダー
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

  S&P500種株価指数は前日比13.34(0.6%)高い2259.53で終了。ダウ工業株30種平均は142.04ドル(0.7%)高い19756.85ドルで終えた。

  10日にウィーンで開催される石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国の会議を前に原油相場が続伸したことから、世界的に株高となった。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は7.4%低下。週間では米大統領選の結果が判明して以降で最大の下げとなった。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)は14日に政策金利に関する決定を発表する。金利先物市場が示す今月の利上げ確率は100%。11月初めは68%だった。

  欧州中央銀行(ECB)は8日、量的緩和(QE)プログラムの延長および月々の購入減額を発表。世界的に株価を押し上げた。ECBはQEプログラムの下での債券購入を2017年12月末まで延長し、債券購入の総額を少なくとも2兆3000億ユーロにまで膨らませる方針を表明。必要に応じてプログラムの期間延長や規模拡大を実施する考えも示した。

原題:S&P 500 Rises for Sixth Day, Hits Another Record; Drug Stocks Up(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE