9日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で上昇し、10カ月ぶりの高値となった。米国債利回りの上昇や株式市場の堅調に支えられた。ドル指数は今週の高値付近。

  ドルは週間でも上昇。この日発表された12月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は98と、前月の93.8から上昇し、2015年1月以来の高水準となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は94.5だった。

  米10年債利回りは一時2.4766%に上昇し、ドルの押し上げ要因になった。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は一時5日に付けた1254.70に接近した。週間では0.5%上昇。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比1.1%高の1ドル=115円32銭。対ユーロでは0.5%高の1ユーロ=1.0561ドル。

  対円でのドルは115円85銭で一段の売り注文が控えていると、ロンドンのトレーダーが指摘した。この水準は2月9日の高値で、テクニカル上の抵抗線になるという。

  ユーロはこの日の取引開始から軟調だった。一時は2015年3月以来の安値水準に近づいた。欧州中央銀行(ECB)は伊モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行が要請した資本増強の期限延長を拒否することを決めたと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  市場の注目は13、14両日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)に移っている。会合後にイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が記者会見する。FOMCは25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利上げを実施すると予想されているが、これは現在の為替水準におおむね織り込まれているとみられている。

  2017年の金利軌道に関する手掛かりを得ようと、市場ではイエレン議長の発言と金利予測分布図(ドット・プロット)に注目が集まっている。 

原題:Dollar Stalls Near Weekly High, Looking Toward FOMC Decision(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE