NY原油(9日):続伸、サウジが減産実行の姿勢-週末協議に期待

9日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続伸。サウジアラムコが顧客に1月の出荷量削減を通知したことが明らかになり、週末の石油輸出国機構(OPEC)非加盟国の協議を控え、減産実行への期待が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。