オバマ米大統領は大統領選に絡むハッキングを調査し来月の大統領交代までに報告をまとめるよう、複数の情報当局に指示した。モナコ大統領次席補佐官(テロ対策担当)が明らかにした。

  モナコ次席補佐官は9日、クリスチャン・サイエンス・モニター紙がワシントンで主催した朝食会で、調査はロシアによるハッキングが11月の大統領選にどのような影響を及ぼしたかが対象になると説明した。報告は議会に提出されるものの、公表されるとは限らないと付け加えた。

  モナコ次席補佐官は「われわれは新たな領域に入ろうとしているのかもしれない。現政権として把握しておかなくてはならない」とし、報告は「教訓を授けてくれるだろう」と述べた。

  米国の複数の情報機関はすでに、大統領選の民主党候補だったクリントン陣営のシステムに違法侵入し、内部情報を流出させたハッキング行為の背後にロシア政府がいたとの見方を強めている。トランプ氏はこうした見方を相手にしていないが、民主党議員や議会内の有力共和党議員の数人もハッキングにおけるロシアの役割を追及する構えを見せている。

原題:Obama Orders Investigation Into Election-Related Hacking Attacks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE