ECBのQE延長は警告を伴っている、金利はいつか上昇-クーレ理事

量的緩和(QE)を延長する欧州中央銀行(ECB)の8日の決定には、それが永久に続くものではないという「一種の警告」が含まれていると、クーレ理事が言明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。