【日本株週間展望】6週続伸、内外景気の改善期待強い-為替変動注視

  • 米FOMCは利上げ確実視、市場への影響は限定的か
  • 日銀短観は業況改善示唆へ、景気の踊り場脱却期待

12月2週(12-16日)の日本株は6週続伸する見通し。米国の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)が13ー14日に開かれ、イベント通過後の週後半に国内外景気の先行き改善を見込む買いが入りそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。