TPPを国会が承認-立ち止まるのは「無責任」と安倍首相

更新日時
  • トランプ次期米大統領は離脱表明、発効の見通し立たず
  • 戦略見直し迫られる日本-EUとのEPAは年内大枠合意目指す

環太平洋連携協定(TPP)が9日、国会で承認された。安倍晋三政権はTPPを成長戦略の柱と位置付けてきたが、米国のトランプ次期大統領が離脱を表明していることから、発効の見通しは立っていない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。