ドル・円が4日ぶり高値、ECB後の株高・米金利上昇で114円半ば

更新日時
  • 一時114円57銭までドル高・円安が進行
  • ドル・円、トランプラリーは続いている-IG証

9日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=114円台半ばへ上昇。前日の欧州中央銀行(ECB)の量的緩和延長・減額を受けた世界的な株高や米長期金利の上昇を背景に、ドル買い・円売りが優勢だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。