米国商業会議所はメキシコと米国の政財界首脳が出席した非公開の会議で、トランプ次期米大統領が選挙戦中に公約した北米自由貿易協定(NAFTA)見直しの阻止を目指すと表明した。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

  これら関係者が匿名で述べたところでは、米最大の経済団体、米国商業会議所のトム・ドナヒュー会頭は7日、メキシコ市で「米メキシコCEO対話」の参加者に対し、冷静さを保ち、トランプ氏が大統領就任後、どのような提案を行うか見守るべきだと述べた。メキシコ・ペニャニエト政権の閣僚やプリツカー米商務長官のほか、100人を超える政財界首脳が出席した。

  トランプ氏と米国商業会議所は今年の大統領選で通商政策をめぐり対立していた。ドナヒュー会頭の発言で、両者の関係は一段と悪化する可能性がある。

原題:U.S. Chamber Said to Tell Mexico It Will Defend Nafta From Trump(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE