8日の米国株式相場は続伸。S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均は連日で過去最高値を更新した。S&P500種の11セクターのうち、金融株と素材株を含む8セクターが上昇した。

  S&P500種株価指数は前日比4.84ポイント(0.2%)上昇の2246.19で終了。ダウ工業株30種平均は65.19ドル(0.3%)高い19614.81ドルで終えた。

  欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は景気刺激策の見通しについて記者会見で説明した。ECBは量的緩和(QE)プログラムの延長および月々の購入額縮小を発表。これを受け、世界的に株価と債券利回りが上昇した。

NY証取のトレーディングフロア
NY証取のトレーディングフロア
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

  市場では過去1週間、けん引役の交代が続いている。米大統領選後は金融株や工業株がけん引したが、今月は通信サービスやハイテク株、不動産株が全て少なくとも1日は上昇率首位になっている。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は3.4%上昇。前日には3.7%上昇していた。

  朝方発表された先週の米週間新規失業保険申請件数は前週比で減少した。

  オッペンハイマーファンズのクリシュナ・メマニ最高投資責任者(CIO)は「世界株は当社がなお選好する資産だ。世界経済の強さを示す主要な指標は上昇している」と指摘。同社は「米金融当局はもはや、景気サイクルの今後の動向を決定づける要因ではなくなったと考えている」と述べた。

  ECBはQEプログラムの下での債券購入を2017年12月末まで延長し、債券購入の総額を少なくとも2兆3000億ユーロにまで膨らませる方針を示した。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)は14日に政策金利に関する決定を発表する予定。金利先物市場が示す今月の利上げ確率は100%。11月初めは68%だった。

原題:Another Record for S&P 500 After ECB Boosts Stimulus; Banks Gain(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE