世界最大の資産運用会社、米ブラックロックはマンハッタン最西部に開発中のハドソン・ヤーズで新たに建設される高層ビルに本社を移転する。

  ニューヨーク州の経済開発局エンパイア-・ステート・デベロップメントが8日発表した声明によれば、ブラックロックは2022年に新高層ビル「50ハドソン・ヤーズ」に本社を移転する。同社は700人の雇用を創出し、2672人の雇用を維持する見返りに2500万ドルの州税控除を受けることができる。同社は10年間にわたりその雇用水準を維持することが義務づけられるという。

  ブラックロックのロバート・カピート共同創業者兼社長は声明で、「ニューヨークの歴史上で最も革新的な不動産開発計画の一つであり、その中でも当社が核となるテナントになることを楽しみにしている」と述べた。

  50ハドソン・ヤーズの建設は来年に着工し、2022年に完成する予定。

原題:BlackRock to Move Headquarters to New Hudson Yards Tower in 2022(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE