欧州中央銀行(ECB)は8日、量的緩和(QE)プログラムの下での債券購入を2017年12月末まで延長するとともに、月々の購入額は来年4月以降、600億ユーロ(約7兆8800億円)に減らすと発表した。

  リファイナンスオペの最低応札金利はゼロ、中銀預金金利はマイナス0.4%、限界貸出金利はプラス0.25%で維持した。

  ECBは声明で、「見通しが悪化、もしくは金融環境がインフレ軌道の持続的修正がさらに進展することへの整合性を失った場合、プログラムの期間延長か規模拡大、またはその両方を実施する方針」を示した。

  政治的リスクがユーロ圏の回復見通しを曇らせる中、ECBは債券購入の期間を延長する一方で月購入額は減らすことで、非伝統的な金融緩和措置を長く持続させようとしていると考えられる。

原題:ECB Extends Bond-Buying at Reduced Pace Until End of 2017 (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE