ウエルスマネジメントを手がけるエドモン・ド・ロスチャイルド(スイス)は、香港の拠点を閉鎖すると明らかにした。

  同社は発表文で「閉鎖の意向」を示した。閉鎖により影響を受ける従業員数や地域での運用資産額など詳細には触れていない。

  同社は今後、SMBC日興証券やサムスン・アセット・マネジメントなどとの「選択的な戦略パートナーシップ」を通じ、アジアでの事業機会を追求していく計画だという。

  発表文によると、グループ全体の運用資産額は6月末時点で1500億ユーロ(約18兆4000億円)だった。

原題:Edmond de Rothschild Says It’s Closing Hong Kong Business(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE