韓国のサムスン電子は、来年投入する新型スマートフォン「ギャラクシーS8」の前面全てをスクリーンにし、固定のホームボタンを廃止する。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  詳細は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれば、スクリーンをはめる枠を小さくしたディスプレーで、より迫力のある画像・映像が提供できるようになり、ガラススクリーンの下部にはバーチャルのホームボタンが組み込まれる予定。

  新型スマホは、有機EL技術を活用した曲面ディスプレーのみの採用になるとも関係者は説明。発売は3月を目指すが、4月まで後ずれする可能性もあるという。サムスン電子はコメントを控えた。

原題:Samsung Said to Plan All-Screen Design in Galaxy S8 Phones (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE