ドイツ銀、モンテ・パスキの損失隠しで社内指数操作した可能性-監査

ドイツ銀行はイタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナの損失隠しを助けたとされる取引に際し、行員が社内の指数を操作した可能性がある。ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)が委託した監査で示された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。