中国市場の乗用車販売台数は11月も伸び、9カ月連続で前年を上回った。小型車減税期間が終了する年末を控えた駆け込み需要を背景に、吉利汽車や広州汽車集団など国内メーカーの販売が膨らんだ。

  全国乗用車市場情報連合会(乗連会)が8日発表したスポーツ型多目的車(SUV)などを含めた乗用車販売(小売りベース)は11月に前年同月から20%増え242万台となった。1-11月の販売台数は前年同期比16%増の2110万台。

  11月のメーカー別販売は、吉利汽車がほぼ倍増の10万2422台、広州汽車は34%増の17万4354台。ホンダは40%増、日産自動車は11%増えた。ゼネラル・モーターズ(GM)は7%増、フォード・モーターは17%増加した。

原題:China Car Sales Rise 20% as Buyers Rush to Beat Expiring Tax Cut(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE