殿堂入りしている米国の元バスケットボール選手マイケル・ジョーダン氏が、自身の名前の
表記を商標登録した中国スポーツ用品メーカーを相手取りその無効を訴えていた裁判で、中国最高人民法院(最高裁判所)は8日、ジョーダン氏の主張を一部認める判断を示した。

  ジョーダン氏は福建省に本社を置く喬丹体育が自身の名前の法的権利を侵害したと主張し、商標登録の取り消しを求めて2012年に提訴した。喬丹は「ジョーダン」の中国語表記で、「チアオダン」と発音する。下級審は喬丹体育に有利な判断を示してきた。

  最高人民法院はジョーダン氏の漢字名は中国国内で「よく認知されており」、喬丹体育は登録を放棄し、国家工商行政管理総局に返還する必要があるとの判断を下した。ただピンイン(中国語固有の発音表記)の名称「Qiaodan」についてはジョーダン氏の主張を退けた。

  ジョーダン氏は電子メールを通じて「最高法院が商標に関する訴訟での判断を通じて私の名前を保護する権利を認めたことをうれしく思う。中国の消費者は喬丹体育と同社の製品が私と何ら関わりがないことを知らされてしかるべきだ」とコメントした。

原題:Michael Jordan Wins Rights to His Chinese Name in China Court(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE