トランプ氏の米大統領選勝利はこの1カ月の間に、2兆ドル(約226兆円)の衝撃波となって世界市場に広がった。

  2兆ドルとは世界株の時価総額の上げ幅だが、これは世界債券相場の指標であるブルームバーグ・バークレイズ世界総合指数の減少分とほぼ一致している。過去1カ月の世界債券のドル建て時価総額は過去最悪のパフォーマンスを記録した。

  他の資産クラスの市場も混乱した。円相場はドルに対して大幅に下落。トランプ氏当選なら英国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まった時のように安全資産に避難させる動きが起こるとのアナリストや投資家の予想を裏切る結果となった。

  アナリストの予想通りの展開は開票途中でトランプ氏の優勢が示され、円と米国債が上昇した約8時間だけ。その後、リフレ政策への期待で債券から株式への資金シフトが始まった。資産家で著名投資家のカール・アイカーン氏はS&P500先物に投資。他の投資家もトランプ氏の減税や支出拡大、規制緩和の公約がインフレや経済成長を回復させる可能性が強く、連邦準備制度理事会(FRB)はより積極的な利上げを強いられる公算があると見込んだ。

  この新たな市場の動きがどのくらい持続するかは不透明だ。トランプ氏の大統領就任はまだ1カ月以上先であり、同氏の財政や規制に関する提案には議会で多くの障害が予想される。当面の焦点は来週の連邦公開市場委員会(FOMC)で、金融政策の今後を占う。

  ショー・アンド・パートナーズのシニア・ウェルス・マネジャー(シドニー在勤)は「この動きは驚くほど大きかった」とした上で、「信じられないぐらいだった。現在は金融当局と利上げペースに全てがかかっているが、市場はいまのところ喜んで高リスク資産への投資を増やしている」と指摘した。
  
原題:Trump Win Set Off $2 Trillion Shock Rotation to Stocks From Debt(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE