米マイクロソフト、クアルコム半導体ノートPC向け「10」提供へ

マイクロソフトは、基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」をクアルコム製半導体搭載のノート型パソコン(PC)向けに提供する。クアルコムにとってはPC半導体市場というインテルの牙城を崩す可能性のある動きであり、マイクロソフトはモバイルコンピューティングにおける足固めを進める。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。