世界の工場である中国の新たな輸出品、それはインフレだ。しかもその輸出拡大ペースは、多くの人がわずか数カ月前に想定していたより速い。

  人民元安に加え、重要な共産党大会を来年に控えて堅調な経済成長確保を狙う景気刺激策や商品相場の回復で、中国の生産者物価指数(PPI)が押し上げられている。PPIは9月、4年半ぶりに上昇に転じ、10月は前年同月比1.2%上昇となった。9日発表される11月のPPIは市場予想では同2.3%上昇と、前月のほぼ倍の伸びになる見通しだ。

  上昇ペースは来年さらに加速するとみられている。JPモルガン・チェースは2017年1-3月(第1四半期)に上昇率が4%に達すると予想。コモンウェルス銀行は7-9月(第3四半期)にはピークの6%を付けるとの見方を示している。

  PPI上昇はアジア全域に築かれた中国の大規模なサプライチェーンに波及し、ニューヨークからニュージーランドに至る世界の消費者向け市場に影響を及ぼすことになる。またこの上昇は、最近の原油高やトランプ次期米大統領が財政・インフラ支出拡大を準備している中での世界的なリフレ観測の高まりにも重なる。

  ヘッジファンドや機関投資家への助言を行うメドレー・グローバル・アドバイザーズの中国調査責任者アンドルー・ポーク氏(北京在勤)は「中国メーカーがいったんコスト上昇分を製品価格に転嫁し始めれば、世界的な物価上昇の動きにすぐに拍車が掛かる可能性がある。それは17年のごく早い時期に起きるはずだ」と述べた。

原題:China’s Swing to Exporter of Global Inflation Is Gathering Pace(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE