ドル・円が下落、一時113円台前半-ECB会合結果を見極めへ

更新日時
  • 午前に付けた113円86銭から午後に113円13銭まで下落後は下げ渋る
  • ドル・円の上昇モメンタムは減退している-JPモルガン

8日の東京外国為替市場でドル・円相場は下落し、一時1ドル=113円台前半まで水準を切り下げた。欧州時間に欧州中央銀行(ECB)の政策委員会を控えて慎重姿勢が強い中で、前日の海外市場でドル売り・円買いが優勢となった流れが続いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。