英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)がまとめた英住宅価格の指標は、11月に7カ月ぶりの高水準となった。需要の緩やかな増加に売り物件の供給が追いついていない状況が背景にある。

  RICSの8日発表によると、11月の住宅価格指標はプラス30と、4月以来の高水準。市場では「供給不足が依然として圧迫要因」とRICSは分析している。

  RICSのチーフエコノミスト、サイモン・ルビンソン氏は「供給不足が続いている上に、在庫水準は過去最低に近く、度重なる税制変更も買い手に影響しており、売買が上向いても比較的穏やかな伸びにとどまるだろう」と指摘。「消費者支出がいかに住宅購入に結び付いているかを考えれば、これは住宅市場そのものだけでなく、より広範な経済にとっても重要だ」と述べた。

原題:U.K. House Prices Rise as Supply Fails to Match Demand Growth(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE