ソフトバンクグループの孫正義社長とトランプ次期米大統領との6日の会談はタイミングが良く、価値のあるものだった。両者の会談で、孫社長が米国で創業間もない企業や新興企業に500億ドル(約5兆7000億円)を投資する意向を伝えたと報じられたことを受け、ソフトバンクグループの株価は7日、1年3カ月ぶりの高値に上昇。ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、孫社長の資産評価額は7億5500万ドル増えた。同社長の資産評価額は約120億ドルで日本で2位。首位はファーストリテイリングの柳井正会長兼社長で、孫氏を62億ドル上回る。

原題:Trump Meeting Adds $755 Million to Masayoshi Son’s Wealth: Chart(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE