中国アリババ傘下のアント、IPOに向け地ならし-会長らが訪米

  • アントの彭蕾執行会長が国際メディアと初めてインタビューに応じた
  • 「決済は氷山の一角」-事業の大半は投資家に知られていない

中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングの銀行・決済部門の幹部らが最近、米シリコンバレーを訪れ、投資の可能性を探るとともに、来年にも見込まれる新規株式公開(IPO)に向けた地ならしを行った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。