トランプ次期米大統領の政権移行チームは、資産家ピーター・ティール氏に近いシリコンバレーの投資家を食品医薬品局(FDA)長官に起用することを検討している。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  決定プロセスは部外秘だとして関係者が匿名を条件に話したところによると、ティール氏の側近であるジム・オニール氏が正式に選定されたわけではなく、政権移行チームは別の方向に進む可能性も残っている。

  オニール氏はティ-ル氏のミスリル・キャピタル・マネジメントのマネジングディレクターで、ブッシュ政権では米厚生省の高官を務めた経歴がある。また、既存国家から治外法権を持つ新たな海洋都市の建設を目指すティール氏のベンチャー事業、シーステディング研究所の取締役も務めている。

  ティール氏の広報担当、ジェレミア・ホール氏はオニール氏について、公職やシリコンバレーでの広範囲にわたる経験を持つ良い候補だとコメントした。ポリティコとCNBCは、オニール氏がさまざまな役職について検討される可能性があると報じている。トランプ氏の広報担当やオニール氏に取材を試みたが、コメントは得られていない。

  オニール氏には医療分野出身ではないため、FDA長官に起用されれば異例の登用となる。過去50年間の歴代FDA長官はベテラン医師や著名な科学研究者が務めてきた。

原題:Trump Team Said to Consider Thiel Associate O’Neill for FDA (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE