世界の原油を吸収する最大規模のエンジンの動きが鈍り始めている。

  ブルームバーグがFGEやエナジー・アスペクツなどのアナリストを対象に実施した調査で、米国に次ぐ世界2位の原油消費国である中国の輸入の伸び率が2017年に恐らく60%余り鈍化するとの見通しが示された。輸入を過去最高水準に押し上げる一因となっていた民間石油精製会社の需要が、認可基準や税務関連調査の強化により抑制されるとみられている。また、貯蔵スペースも不足する可能性がある。

  石油輸出国機構(OPEC)による原油減産の最終合意により供給過剰が減少し価格が押し上げられる可能性があるものの、中国の輸入は引き続き持続的な回復の鍵だ。中国は世界トップの原油市場であるアジアで最大の買い手であり、同国の旺盛な需要は原油価格が過去10年間に1バレル=100ドルを超える水準に上昇する大きなけん引役の一つだった。

  エナジー・アスペクツのアナリスト、ミカル・メイダン氏は「今年の原油需要にとって中国が大きな明るい材料だったことは間違いないが、来年はそれほど堅調ではないだろう」と指摘。今年11-14%と見込まれている中国の原油輸入の増加率は来年、5-9%にとどまる可能性があるとの見方を示した。
  
原題:The Drag on Oil Prices That OPEC’s Production Cuts Can’t Resolve(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE