米アボット、アリーア買収契約の破棄に向け提訴-合意後の問題発覚で

  • アリーアの見通しに重大な変化が生じたと指摘
  • アボットの訴訟は全く根拠がないとアリーアは反論

アボット・ラボラトリーズは7日、診断用医薬品の製造・販売を手掛ける米アリーアを58億ドル(約6600億円)で買収する契約を破棄するため、デラウェア衡平法裁判所に提訴したと発表した。1月の契約締結後に発生した問題でアリーアの価値が大きく損なわれたことを理由に挙げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。