トランプ次期米大統領はオクラホマ州司法長官のスコット・プルーイット氏を米環境保護局(EPA)の長官に起用することが事情に詳しい複数の関係者の話で明らかになった。オバマ政権による気候変動問題への対応に強く反対してきた人物に米国の環境法の実行を担当させる。

   プルーイット氏(48)は発電所からの温室効果ガス排出の削減を目指すEPAのクリーンパワープラン(CPP)を積極的に批判し、この阻止を求めて他の26州の司法長官と共に提訴している。同氏はオバマ大統領の代表的な環境政策であるこの規制が州の権利を侮辱し、憲法に反するとの立場を取る。 

原題:Oklahoma’s Scott Pruitt Said to Be Trump’s Pick to Lead EPA(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE