NY原油(7日):続落、クッシング在庫が急増-OPEC会合を警戒

7日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落。米エネルギー情報局(EIA)の週間統計で、米石油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの原油在庫が2009年1月以降で最大の積み上がりとなったことが嫌気された。石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国は週末に減産について協議する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。