パキスタンで48人乗り旅客機が墜落、生存者の可能性低い-当局者

乗員乗客48人を乗せたパキスタン航空の国内線旅客機が7日、北部アボタバード付近で墜落した。これまでに少なくとも36人の犠牲者の遺体が回収されたが、生存者は報告されていない。軍・航空当局者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。