米JPモルガン・チェースと英HSBCホールディングス、仏クレディ・アグリコルの3行は欧州銀行間取引金利(EURIBOR)操作問題で合わせて4億8550万ユーロ(約590億円)の制裁金を科された。欧州連合(EU)競争当局は5年越しの調査の決着を目指す。

Margrethe Vestager
Margrethe Vestager
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

  3行はユーロ建て金利デリバティブ(金融派生商品)の値付けで共謀し秘密情報を交換、EUの競争法に違反したと、EU欧州委員会が7日、電子メールで発表した。JPモルガンに3億3720万ユーロ、HSBCに3360万ユーロ、クレディ・アグリコルには1億1470万ユーロの支払いを求めた。

  ベステアー欧州委員(競争政策担当)は「銀行は単一市場内で営業する他の企業と同様に、EUの競争法を順守しなければならない」とコメントした。

  ドイツ銀行やソシエテ・ジェネラルなど複数の銀行が3年前にEURIBOR操作問題で当局と合意したが、今回の3行はこれに加わらず、問題の決着が遅れていた。

  JPモルガンは「EURIBORについて、いかなる不正にも関わってはいない」とロンドン在勤の広報担当ジェニファー・ザッカレリ氏はコメント。「当局の主張に対し当行の立場をきっぱりと弁明していく。欧州の裁判所に訴える可能性もある」と表明した。

  クレディ・アグリコルは「競争法に違反していないと確信している。欧州委の決定に異議を申し立てる」とし、HSBCも「反競争的なカルテルに参加した事実はない」として法的選択肢を検討していると明らかにした。

原題:JPMorgan, HSBC, Credit Agricole Fined $521 Million Over Euribor(抜粋)
JPMorgan Hit Hardest as EU Fines Euribor Trio $521 Million (1)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE