インド準備銀行(中央銀行)は7日、政策金利の据え置きを発表した。市場は利下げを予想していた。パテル中銀総裁は高額紙幣流通中止の影響を見極めようとしている。

  中銀は政策金利であるレポ金利を6年ぶり低水準の6.25%に維持した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査で据え置きを予想したのは44人中8人のみで、31人が6%への引き下げ、5人が5.75%への利下げを見込んでいた。

  中銀は、高額紙幣廃止の影響で今年の成長は恐らく低下するが、インフレ目標達成への脅威を踏まえさらなる情報を分析することが重要だと説明。「従って、緩和的な政策姿勢は維持するが今回はレポ金利を据え置いた」とコメントした。中銀によると、据え置き決定は全会一致だった。

  中銀は「迫りつつある米国の金融政策引き締めが金融市場における高水準のボラティリティ(変動性)を引き起こしつつある」とも指摘した。

原題:India Unexpectedly Keeps Rates Unchanged Before Fed Decision (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE