中国の外貨準備高が11月、1月以来の大きな減少となった。人民元は8年ぶりの安値に下落し、元安が進んだ。

  中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した資料によれば、外貨準備高は11月末時点で3兆500億ドル(約348兆円)と、前月末から691億ドル減った。ブルームバーグのエコノミスト調査では、中央値で3兆600億ドルと見込まれていた。

  ラボバンクの金融市場調査責任者マイケル・エブリー氏(香港在勤)は、資本規制強化後の外貨準備高減少は、本土住民に認められている年間の外貨両替枠(5万ドル)がリセットされる新年に「厄介」な事態につながる可能性を示唆していると述べた。

  同氏は「人民元の改革もしくは国際化の期待に反する資本規制強化か元相場急落が起きる気配を感じる。米国のトランプ政権発足前にもこうした事態を目にしそうだ」と述べた。

  11月の人民元は1.55%下げ、昨年8月の元切り下げ以降で月間ベースで最大の下げとなった。

原題:China Foreign Reserves Drop Most in 10 Months as Yuan Slumps (1) 
(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE