米航空持ち株会社アラスカ・エア・グループは6日、米ヴァージン・アメリカの買収で米反トラスト(独占禁止法)当局の承認を獲得したと発表した。買収が実現すれば、同社はニューヨーク・カリフォルニアなど国内の州を結ぶ高収益路線へのアクセスを拡充できる。

  アラスカ・エアは米司法省との合意に基づき、250を超える路線でアメリカン航空とのコードシェア(共同運航)提携の範囲を縮小することが必要となる。

  アラスカ・エアは書面で、裁判所の承認が必須だが、米司法省との合意により、「極めて近い将来」の買収完了に向けて道が開かれる公算が大きいと指摘。合併後の新会社はヴァージン・アメリカ買収合戦で競り負けたジェットブルー・エアウェイズを抜き、旅客輸送量で米5位の航空会社となる。

  6日の米株式市場でアラスカ・エアの株価は2%高の84.80ドルで終了。ヴァージン・アメリカ株は0.6%高の56.80ドルで引けた。

  アラスカ・エアは今年4月、ヴァージン・アメリカを現金26億ドル(現在のレートで約3000億円)で買収することで合意したと発表。航空業界では2013年のUSエアウェイズ・グループとアメリカン航空以来の大規模な合併となる。

原題:Alaska Air Wins U.S. Approval for Virgin America Takeover (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE