トランプ氏の訴訟参加認める、ペンシルベニア州の再集計裁判-米地裁

  • 共和党指導部は裁判により次期大統領の就任式が遅れかねないと指摘
  • ダイヤモンド判事は今月9日に再集計の是非を決める審理を予定

米大統領選で「緑の党」の候補だったジル・スタイン氏がペンシルベニア州の投票結果の再集計を求めて起こした裁判をめぐり、米連邦地裁判事はトランプ次期米大統領とペンス次期米副大統領に対し訴訟参加を認める。共和党指導部は同州の大量の票を見直せば就任式が遅れる恐れがあると指摘している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。