米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズは6日、充電用アダプター約7000個を自主回収すると発表した。プラグのプラスチック部分が過熱によって溶けたとの2件の報告に対応した。この製品は同社のオンラインストアで販売されたが、利用者は少ない。

  同社が顧客に6日送信したメールによると、11月に2人の顧客から過熱が報告された。プラスチックが溶けたこと以外に被害の報告はなく、テスラは米当局に自主回収を報告した。この製品は外部のサプライヤーが製造したものだという。

  過熱が報告されたアダプターは「NEMA 14-30」型。海外の顧客は影響を受けない。交換品の出荷は数週間以内に開始される予定で、顧客には当面、使用を控えるよう要請した。テスラは似たデザインのアダプター「NEMA 10-30」、「NEMA 6-50」型についても交換する計画で、約3カ月を要すると説明。両製品については同様の過熱に関する報告はないとして、他に手段がない顧客については当面、利用継続が可能だろうとしている。

Source: Tesla Motors Inc.

原題:Tesla Recalls 7,000 Charging Adapters After Two Overheat(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE