米テスラ、充電用アダプター7000個を自主回収-2件の過熱報告で

  • 米国で販売された一部製品が対象
  • プラグのプラスチック部分が過熱により溶ける事例が報告された

米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズは6日、充電用アダプター約7000個を自主回収すると発表した。プラグのプラスチック部分が過熱によって溶けたとの2件の報告に対応した。この製品は同社のオンラインストアで販売されたが、利用者は少ない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。