トランプ次期米大統領は来週、テクノロジー業界首脳をニューヨークに招いて意見交換する。同業界幹部の多くは選挙戦でトランプ氏の対立候補を支持していたが、シリコンバレーは次期政権との新たな関係構築を目指している。

  米オラクルによると、同社のサフラ・カッツ共同最高経営責任者(CEO)は来週の意見交換会に出席する。カッツ氏は先月の大統領選の数日後にトランプ氏と会談した政治家や財界首脳の1人。トランプ氏の政権移行チームの広報担当に同会合に関してコメントを求めたが返答はない。

  フェイスブックの取締役でベンチャーキャピタリストのピーター・ティール氏は、テクノロジー業界で唯一目立ったトランプ氏支持者で、政権移行チームの一員。ティール氏と次期首席補佐官に起用されたラインス・プリーバス氏、トランプ氏の義理の息子ジャレッド・クシュナー氏の署名入りの招待状のコピーによれば、来週の会合は14日午後2時に予定されており、議題は未定。同会合については米紙USAトゥデーとポリティコが先に報じた。

  アップルやフェイスブック、アルファベットは同会合に幹部が招待されたか、あるいは出席するかについてコメントを控えた。

原題:Trump Invites Tech Leaders to Talk After Industry Opposition (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE