トランプ氏、6月時点で保有株式を全て売却-ボーイング株も手放す

  • 「エアフォースワン」後継機のコストめぐりボーイングを批判
  • 「株式市場に大きく投資したことはない」と8月に発言
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

トランプ次期米大統領は保有株式を6月時点で全て売却した。報道官が明らかにした。新しい大統領専用機のコストをめぐって6日にトランプ氏による批判のツイートの標的となったボーイングの株式も手放していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。