6日の米国株式相場は続伸。ダウ工業株30種平均は前日に続いて過去最高値を更新。S&P500種株価指数も11月25日に記録した過去最高値に接近した。金融株への買いが続いている。

  S&P500種株価指数は前日比7.52ポイント(0.34%)高い2212.23。ダウ工業株30種平均は同35.54ドル(0.18%)高の19251.78ドル。

  ルネサンス・マクロの会長兼首席テクニカルアナリスト、ジェフ・デグラーフ氏は大統領選挙後の株高について、トランプ氏の「選挙公約に関し楽観的な感触を与える複数のイベントが注目されている」と指摘。「変化、希望、スローガンが何であれ、大統領就任までは浮ついたムードが続く。現実を実感するのはその後だ」と述べた。

  S&P500種のセクター別11指数のうち、この日は9指数が上昇した。小型株で構成するラッセル2000指数の値上がりは1%を超えた。ナスダック100種は0.2%の上昇。

  原油価格が反落したことを背景に、エネルギー株は一時1%下げた。終値では0.1%安。S&P500種で特に上昇したのはオートデスクやネットフリックス、ボルグワーナー、カーマックス、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス。いずれも4%以上値上がりした。

  ジョーンズトレーディング・インスティテューショナル・サービシズのグローバル市場ストラテジスト、ユーセフ・アッバシ氏は「ここまでの金融株、小型株の上昇は信じがたいほど勢いがある。投資家は政策の変化と経済成長の可能性に大きく賭けているようだ」と述べた。

  今週は8日に欧州中央銀行(ECB)の政策委員会が控えている。イタリア国民投票の結果がドラギ総裁の量的緩和にどう影響するかが注目されている。

  米国では来週14日に、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が発表される。金利先物市場は利上げの確率を100%として織り込んでいる。

  S&P500種は年初来で8.2%の上昇。ダウは10%の値上がり。

原題:S&P 500 Nears Record as ECB Meeting Looms; Oil Snaps OPEC Rally(抜粋)
One Historic Lens Says Trump Stock Market Lovefest Just Starting
Real Estate, Phone Shares Join Trump Rally as Dow Sets Record

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE