南アフリカ共和国の経済は7-9月(第3四半期)に拡大ペースが鈍化した。製造業生産と貿易がいずれも落ち込み、ジャンク級への格下げ回避を目指す政府の取り込みを困難にしそうだ。

  南ア統計局が6日発表した7-9月期の国内総生産(GDP)は前期比年率0.2%増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト19人の調査では中央値で0.6%増が見込まれていた。前年同期比では0.7%増加した。4-6月(第2四半期)は前期比年率3.5%増に上方修正された。

  格付け会社S&Pグローバル・レーティングは先週、南アフリカの格付けを投資適格級で最も低い「BBB-」に据え置いたものの、政治混乱が成長促進に向けた改革を阻んでいると警告した。ゴーダン財務相はGDP比の財政赤字を今年の3.4%から2020年までに2.5%まで圧縮する公約を掲げている。だが、今年のGDP伸び率はリセッション(景気後退)に苦しんだ2009年以来の低水準になりそうで、財務相の公約実現はいっそう困難になる。

  統計によると、GDPの約13%を占める製造業生産は7-9月期に前期比年率3.2%減少したほか、貿易が2.1%落ち込んだ。一方、鉱業生産は5.1%、金融業は1.2%それぞれ拡大した。

  南アフリカ準備銀行(中央銀行)は今年の成長率を0.4%、17年を1.2%と予想する。商品相場の低迷と1世紀余りで最悪の干ばつ、弱い輸出需要が同国経済の重しとなっている。

原題:South Africa’s Economic Growth Slows to 0.2% in Third Quarter(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE