債券上昇、日銀オペ結果や潜在需要が支え-30年入札警戒で超長期軟調

更新日時
  • 新発10年債利回り0.035%に低下、新発20年債利回り0.52%まで上昇
  • 30年入札、足元水準では本格的な買いまだ見えにくい-三井住友AM

債券相場は長期債中心に上昇。前日に長期金利が10カ月ぶり高水準を付けたことで投資家需要が強まったことに加えて、日本銀行が実施した長期国債買い入れオペも支えとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。