トランプ次期米大統領が中国の通貨政策をけん制していることで既に神経質になっている人民元の投資家は6日、衝撃を受けた。ICAPのデータで、元相場が1ドル=7.5元に急落したことが示されたためだ。

  ICAPのデータはグーグルとXEドット・コムに表示され、ツイッター上で話題になった。ブルームバーグのデータはそうした動きを示さなかった。トレーダーはエラーが起きたとみている。

  ICAPデータは、この日の上海市場のスポット取引が始まる前に1ドル=7.5元前後を付けていた。ICAP(香港)の北アジア地域の最高責任者ベニー・ルク氏は電話取材に対し、この相場水準は確認できないとし、会社として調査していると述べた。

  CFETS(中国外国為替取引システム)による人民元の公式レートは上海時間午前11時20分(日本時間午後0時20分)現在、前日比0.24%高の1ドル=6.8669元となっている。

原題:ICAP Showing Yuan Tumbling 8.8% Against Dollar Fuels Jitters (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE