イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナは生き残りに向けて投資家に最後の説得を続けている。国民投票での改憲否決を受けた政治空白でイタリアへの投資家需要は冷え込み、同行は政府救済に一歩近づいた。

  経営陣は限定的な政府支援や、50億ユーロ(約6110億円)規模の資本増強の完了に欧州中央銀行(ECB)が設定した期限の延長など選択肢を模索している。事情に詳しい関係者が明らかにした。モンテ・パスキの助言金融機関は政府系ファンド(SWF)を含めた出資者候補と協議を続けているという。関係者の1人は同行担当者がECBと会合を持っていると明らかにした。

  事情に詳しい関係者によると、政府は民間からの資本調達計画が頓挫した場合に備え、「予防的な」資本注入のための作業を進めており、来週にもこれが承認される可能性がある。この方法は欧州連合(EU)の銀行破綻処理に関する負担共有の規則に抵触しないという。この規則の下では、政府は株主と債券保有者にも一部損失負担を強いるならば資本不足の銀行を支援することが認められている。一部の株式と劣後債は全ての価値を失う可能性もあると関係者の1人が述べた。

  首相府の担当者にコメントを求めたが応答はない。

  6日の同行発表によると、劣後債保有者は株式への転換が提案された43億ユーロ相当のほぼ4分の1について交換に応じたが、その後の国民投票で改憲が否決され、政治が混迷に陥った。

  債務の株式転換は新株発行、アンカー投資家からの資金注入を含むモンテ・パスキの資本増強計画の一部。調達した資金でECBが求める不良債権処理を進める計画だったが、頓挫すれば破綻処理を余儀なくされて株主と債券保有者が損失負担を強いられ、欧州中に影響が広がりかねない。

  事情に詳しい関係者によると、モンテ・パスキは新株発行を計画通りに進めるかどうかを数日内に決定する方針。5日に同行幹部と会談した引き受け金融機関はアンカー投資家からの正式の出資合意を待っている状態だと関係者が匿名を条件に述べた。投資家は国民投票後の政治情勢を見極めるため時間を必要としているという。
  
原題:Monte Paschi Recapitalization Hangs in Balance After Debt Swap(抜粋)
Paschi Recapitalization Hangs in Balance as Italy Prepares Aid

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE