米シリコンバレーではエンジニアリング分野の才能ある人材の獲得競争が依然激しい。主要企業はジム会員権や必要経費の負担といったよくある福利厚生のほか、豪華なオフィスやグルメ志向の社員食堂など、あの手この手で人材確保に躍起となっている。

  エンジニアリングと製品管理分野では、インターンの月給は6000ドル(約68万円)を超える可能性があるが、常勤社員ともなると、その給料はさらに目を引く。シリコンバレーでインターンから社員になったジェシー・コリンズ氏が集計したデータによると、シリコンバレーの新入社員の初年度の給料は平均で年10万5000ドル余り。これに株式ボーナス約1万3000ドル、現金賞与で約2万6000ドルが加わる。米社会保障局の最新集計である2015年のデータによれば、全米の賃金指数は4万8098.63ドル。フェイスブックやアマゾン・ドット・コムの新人技術者の稼ぎの約3分の1だ。

.
.
Bloomberg

  コリンズ氏は同僚のエンジニアらを対象に、それぞれ最初に入社した企業から提示されている給料データを集計。主要企業が提示したとされる290件の情報を集めた。ただオンライン調査で回答者は匿名、自己申告のため、データの正確性には疑問の余地もある。同氏によると、1人の回答者は主要企業から5件のオファーを受けたと説明した。

  ブルームバーグはコリンズ氏が集計した自己申告データの裏付けを取ろうと、給料調査会社グラスドアがまとめた平均給料と比較。グラスドアによると、フェイスブックの一般的な基本給は12万345ドルで、コリンズ氏のデータを若干上回る。ただ、株式と現金のボーナスはグラスドアのデータではそれぞれ2万1450ドル、1万4333ドルで、コリンズ氏のデータを大幅に下回っている。フェイスブック広報担当者は従業員報酬について話さないという方針を理由にコメントを控えた。

フェイスブックとグーグルの会社ロゴ
フェイスブックとグーグルの会社ロゴ
Photographer: Peter Foley/Bloomberg

原題:Do You Earn Less Than a New Silicon Valley Employee?(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE