基準改定でGDP約20兆円かさ上げ、7-9月期2次速報あす発表

  • 研究・開発費などを新たに加算-11年推計値は新基準で約490兆円に
  • 名目GDP600兆円目標の安倍晋三政権に追い風

内閣府が8日発表する7-9月期の国内総生産(GDP)2次速報は、推計方法が新基準に改定されることに伴い、名目GDPの規模が約20兆円押し上げられる。これまで含まれなかった研究・開発(R&D)費が加算されるためで、名目GDP600兆円を目標に掲げる安倍晋三政権にとって追い風となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。