米大統領選でドナルド・トランプ氏と共和党候補指名を争った元神経外科医のベン・カーソン氏は、住宅都市開発省の次期長官に就任することを受諾した。政権移行チームが5日明らかにした。

  カーソン氏(65)は指名争いで敗れた後にトランプ氏を支持していた。

  トランプ氏は発表文で、カーソン氏がデトロイトで育ち医師の経歴を持つ点に言及し「頭のいい人でありコミュニティーの強化に熱心だ」と指摘。カーソン氏と「都市再生の課題や経済再生のメッセージについてじっくりと話し合った」ことを明らかにした。

  カーソン氏は発表文で、「最も必要とされるコミュニティーの強化で特に大きな貢献ができる。米国のあらゆる側面を向上させ住宅ニーズを満たす上でやるべきことは多い」と述べた。
  

原題:Carson Accepts Offer to Lead Housing Agency, Trump Team Says (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE