5日の米国債は下げを埋めた。11月の米非製造業部門景況指数が13カ月ぶりの高水準となったものの、先物取引でまとまった買いが入ったことを受けて持ち直した。

  ニューヨーク時間午前10時40分、ウルトラ米国債先物に買いが入り、値を戻した。5年債と30年債の利回り差は121ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) にフラット化した。

  ニューヨーク時間午後2時51分現在、10年債利回りはほぼ変わらずの2.38%となっている。

原題:Treasuries Erase Losses as Futures Trades Spark Buying Momentum(抜粋)
Stocks, Euro Advance as Italy Vote Absorbed in ‘Three Minutes’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE